誰しも、心の悩みをすべてなくしたら幸せを感じますが

でも次々に悩みはやってきます。

 

幸せなことがあったとしても.心に悩みがあればそこに心が執着してしまい

幸福感を長く維持することができません。

 

今の世の中は経済的な面や人間関係、情報化社会など複雑にからむ要素が多いせいで

心が落ち着く暇がなく、どうしても心に悩みをつくり易くなっています。

しかも、悩みが一つだけではない人も多いのではないでしょうか。

 

では、どうやったら心の悩みをなくすことができるのでしょうか。

スポンサーリンク

心の悩みの大きな原因

悩みの種類は、時代によって違うと思います。

現代社会では物が溢れてとても便利になっていて

乗り物やインフラも整備されて海外へも簡単に行けます。

 

経済的に豊かな人は、お金で時間を買うことができますし、

人を雇うこともできるでしょう。

例えば、待機児童問題にしても

ハウスキーパーやベビーシッターに頼む経済的余裕が

あれば悩む必要はないでしょう。

 

経済的に豊かな人は、お金で解決できるので

そういう悩みは、ないかもしれません

しかし、多くの人が経済的余裕はないので

経済的なところで心に悩みをつくってしまいます。

 

心が幸せかどうかは別問題

経済的余裕があると

ほとんどの悩みはお金で解決できるかもしれませんが

心が幸せかどうかは、別問題です。

 

経済的問題以外の人間関係や社会的立場など

影響力の大きい人ほど、別の問題で悩みをつくる

ことがあるからです。

 

人間関係の悩みはお互いの認識不足

特に人間関係の悩みはお互いの心が理解できて

いないことによる誤解が多いのではないでしょうか。

 

会話によるコミュニケーションがとれて

お互いの考えが解っていれば悩みは解決します。

ただ、職場などに利己的な人がいる場合は

廻りの人の悩みの種だったりします。

 

反対に利己的な人の悩みは、自分が正しくて

他人の考えが理解できないことです。

他人に自分の正当性をアピールして場の空気を悪くします。

 

特に自分を客観視できずに

大人になりきっていない部分がありますが

過去、心の中にそうなる原因をつくっています。

 

他の人は、そのような事情を思いやってみると

案外、打ち解けてお互い理解が進むようになってきます。

スポンサーリンク

心の悩みは知識の量でカバーできる

 

例えば心配事が起こってしまった時に

対処をする方法が解らなければ、取り越し苦労

して悪い方に考えてしまい大きな悩みや苦しみを

つくってしまうことになります。

 

しかし、その対処法を何通りか知っていれば

焦らずに落ち着いて考えることができるはずです。

Aがダメなら、Bで、最悪Cというように

心にいくつかの知識を入れておくと悩まなくて

すむようになります。

 

正しい知識が前提になりますので

自分で調べてもわからない時は

その道のプロにアドバイスしてもらうほうがよいでしょう。

 

信念をもって心の悩みを一旦棚上げする

人は、人生の先が見えないところに悩み、迷い、焦りが

できます。

そこには取り越し苦労や持ち越し苦労などがあります。

 

過去の原因に目を向ければ観えてくるものがあります。

過去に自分が長い間、努力をしてきたことは

未来には実るようになっています。

これを原因結果の法則といいます。

 

しかし、実りの時期を自分が限定してしまうと

そこには、悩みや迷い、焦りがでてきます。

 

自己実現をするために努力してきたことが

世の中のためになることであれば、必ず実ると信念をもって

あとは、天にお任せをして一旦棚上げすることが大事です。

 

自分の心の悩みを鳥瞰できるようになる

本当の「人生の意義」がわかれば、悩みだけではなく

迷い、焦り、苦しみから解放されます。

 

人の一生が一回きりで80年そこそこで人生が終って

しまうことが真実であれば、やり遂げられないことも

あるので、後悔がでてきます。

その後悔が悩みの種にもなるのです。

 

しかし、真実は違って

人は何度も生まれ変わって様々な人生を歩んでいます。

人生の中で悩み、迷い、焦り、苦しみの葛藤を経験しながら

克服をすることで、本当の幸せを味わっているのです。

 

このようにスケールの大きい世界観を信じることで

あなたの生まれ変わりの人生の全体像が見えて

心の悩みを鳥瞰(ちょうかん)することが

できるようになるでしょう。

 

本当に心の悩みをなくすことができるのか?

この世に生きているのは、悩みを完全になくすことが目的ではありません。

本当の幸せを掴むことが目的でもあります。

しかし、心に悩みを抱えている状態は、心が自由ではありません。

 

悩みに振り回されたり縛られたりするのではなく

一度心の悩みと向かい合ったら、とりあえず判断や対処の仕方は

天にお任せをして棚上げすることです。

心を自由にすることが重要なのです。

心」は一度に一つのことしか考えることができません。

そこをうまく利用して、もっと向上していくポジティブなことを

考えたり、行動することに集中することで悩む時間を少なくすることが

できます。

それを「心の悩みをなくす」といっています。

 

まとめ

現代は経済的に余裕があれば、悩みの多くは解決できるかもしれませんが

それはそれで別の悩みは生まれて、幸せかどうかは別問題です。

 

人間関係ではイヤな人も中にはいますが、お互いを思いやる気持ちがあれば

克服できるでしょう。

 

一般的に多くの知識をもっている人の方が、悩みは少ないです。

 

原因結果の法則とおり、過去に努力したものは実ると信念をもつことが大事です。

 

根本的に人生の世界観をかえれば、自分の人生が鳥瞰して観えてきます。

特に「心の錬金術」で心を浄化させて真理知識をつければ

第二の人生で本当の幸せを実感できるでしょう。

 

スポンサーリンク

感想・質問フォーム

今回の記事は、いかがでしたか?  あなたのお役に立てましたでしょうか?

記事を読んでの感想やもう少し知りたいこと、質問などございましたら
スピリチュアルや心の問題など、どんな事でも構いませんので、
下記フォームにお書きいただき送信してください。

あなたの感想や質問によって、今後さらに良い記事をお届けいたします。
ここでの内容は共有させてもらうかもしれませんが、

もし、個人的に悩み相談などございましたら、カテゴリーメニューの
『スピリチュアル悩み相談』にお書きいただき送信してください。(無料です)

すべて、Toshitaka本人が回答し、頂いたメールアドレスに返信いたします。
気がつき次第、できるだけ急ぎの回答はいたしますが、
こちらからのメールが、ご相談者様の「迷惑メールBOX」に届くケースが
多いようなので、そちらのご確認をお願いします。