人間は未知のウイルスに恐怖を感じている。それは常識を超えたものに遭遇したからである。ただ人間は未知のウイルスに限らず、未曾有のものや常識を超えたものに遭遇した時に恐怖を感じるのは、まだまだ認識力が狭いのが証拠で、マインドセットにも問題があるのかもしれない。現代の常識は正しいのか、それとも間違っているのか、それは常識を超えたマインドセット(考え方)をもてば理解できるであろう。

この記事は全ての人に読んで欲しい、、、

スポンサーリンク

常識がマインドセットの基礎になっている?

常識は、初めはこの世に生まれて親、兄弟、家族、親戚など身内の影響によってつくられます。しつけやマナー、社会のルールなどそのような常識を教えられますが、もちろん、人によって常識に対して受ける厳しさや甘さは違ってきます。

また、保育園や幼稚園、小学校、中学校、高校や大学の教育とそれと並行して友達関係からだんだんと社会的な視野が広くなり、今度は就職に向けて、ますます常識的な人になることが必要とされているのではないでしょうか。

それは、人間は社会の中で協調して生きていかなければならないので、それなりのルールやマナーは絶対に必要だからです。

これは当然のことなので話は置いときますが、しかし個人個人のマインドセットについては様々であろうと思います。

それは、生まれてからこれまでの教育や環境によって影響されてきたものが違うからです。また、もともともっている個性というものが違っているからです。

自分がやりたいと思っている仕事についているならば、その個性は職種などに現れたりもします。特に、創造的な仕事をしている人は常識を超えたものを追いかけているので、社会に縛られる生き方を嫌うでしょう。筆者はアーティスト、デザイナーでもあるので、常日頃からイメージの世界に入っていくことは常識になっていますが、それでも、社会の常識に則って生きているので、平凡な生き方ではあります。

ですから、ほとんどの人は社会のルールやマナーを守るのは当たり前として、マインドセットはどうしても社会に生きている以上、経済的な理由もあって社会からはみ出したくないので常識の中に収まってしまうところがあります。今の社会の常識がマインドセットの基礎になっているのではないしょうか。

常識は国や民族によって違う

特に日本は戦後復興のおかげで、極端に貧しい人や貧しい町(スラブ街など)が存在しているわけではなく、日本人は海外に比べたら、平均以上の暮らしができているのではないでしょうか。

アメリカはドナルドトランプが堰き止めたボーダーラインから未だに多くの難民が密入国しています。ヨーロッパにおいても中東やアフリカから難民が押し寄せている現状があります。日本は島国というのもあってそれと同じ常識には悩ませれてはいません。

ですから、あまり海外の悲惨さを実感していないというのもあるでしょう。

だから、筆者が言っている隣国の日本侵略計画などは実感もなく、あまり信じていないところもあるのではないでしょうか。コロナウイルスの影響の最中には普段以上に毎日、尖閣諸島あたりには隣国の公船がうろついております。また、アフリカのある国に対して高利貸しの貸しがしで圧力をかけています。人が弱っているところを付け狙うというのは、常識では考えられないということです。世界の常識ではなくその国独自のルール、常識でやっているからたまらないところがあります。これが唯物主義、共産主義国の恐ろしさでもあります。

日本人はどちらかというと平和ボケしている感じはありますが、何も起こって欲しくない、今のままの現状維持が幸せだと思っている人がたぶん、多いのではないかと思います。

そうは言っても世界に目を向けた時、戦争が起こりそうなところはありますし、平和でないところは多いです。

今回、中国発で起こったコロナウイルスの影響で世界は混乱していますが、生物兵器研究所かられたことが事実でその後の隠蔽が元で世界にまで影響を及ぼしたとアメリカが突き止めた場合は、何らかの報復攻撃はあるでしょう。

中国が生物兵器を開発して広がったのはある意味、戦争を仕掛けたと同じことだからです。先ほど、WHOが武漢の卸売市場と言及したようですが、中国に忖度したことが原因で世界へコロナウイルスが広がったのですから信用はないどころか、WHOにも責任はあります。

日本もこのコロナウイルスの影響で死者がアメリカ程はないにしろ受けてはいるので、生物兵器ではなくミサイル兵器であれば数発は撃ち込まれているのと同じかもしれません。

このように考えないのが、日本人の良さなのかは分かりませんが、中国のもっている思想悪が世界を席巻するのをいち早く見抜いているのがアメリカのドナルドトランプです。

これに対して、日本政府は逃げ腰の能天気なところがあります。

このように、常識の捉え方が国や民族によっても違うのです。

基本的に日本人は日本の常識をもっているし、他の国はその国、民族の常識があるわけです。

認識の範囲を広げれば常識が変わる

このように考えた時、常識というのは、時間的なところで作られる(生まれてからこれまで)と同時に空間的なところ(国や環境)でも作られます。

それと歴史的時間を切り取って考えた時、日本の江戸時代と今では常識が全く違います。

ですから、生まれた時代によってほとんどの人は疑いもなくその環境や社会に適合して常識の中で生きていこうとします。

ですから、時代が移り変わりこれから百年後はもっと世界や日本の状況が変わり、これまで常識であったものが非常識なものとなり、教育でさえも根本から変わっていくでしょう。

しかしながら、どの時代でも一部の人はその時代の社会の中においても先駆的、斬新的なマインドセットによって、その時代に受け入れられなくとも未来に受け入れられるものを編み出すことがあります。科学者、発明家、物理学者、芸術家、宗教家、哲学者、思想家,などの世界でです。

これらの有名な人々の中には普通の人にはないマインドセットがあるのです。

それは何かというと、認識力の範囲の違いから来たマインドセットであるとも言えるのです。

それが「心」の中にその元があると筆者はお伝えしているのです。

ですから、この筆者の説く心の理論を信じて行った時にこれまで常識と思われたものが全て吹っ飛んでしまう経験をするということを言いたいのです。

これまでの歴史の先駆者的な人は自らその理論に気が付いていた人もそうでない人もいますが、心の重要なところに意識を運ぶことで認識力が広がったのは間違い無いでしょう。それぞれの分野で歴史的に有名になった人が全て、人間にとって価値あるものを編み出したかどうかは異論もありますが、認識力の範囲の広がりによって常識では無いものを生み出したことは事実です。

このような人たちが社会での未来の常識を変えていったのです。

ただ、その中には間違っているものが世界の常識になっているものもあると付け加えておきます。

スポンサーリンク

常識を飛び越えるには信じる思いが必要

時代の先駆者たちが、広い認識力をもち、新しいものを生み出す時に必ずある思いが「信じる」ということです。まだ誰にも証明できない仮定したものに対しては「自分は信じる」という思いがあるのです。

この「信じる」という思いがなければ何事も常識を飛び越えることはできないのです。

信じているからそこに情熱が生まれ探求精神が出てくるのです。

まだ、世の中には無いものを信じるということはある意味、見えない世界を信じているのと同じなのです。この3次元世界に無いものを生み出そうとするのはこの3次元世界から別の次元に認識を広げる思いであり行為であるのです。

この認識力というのが分かりにくければ「イメージ力」と考えても良いです。このイメージ力が先にあって、次に信じる思いが現実になっていくのです。

このイメージ力は、強い、弱いはあっても全ての人がもっています。

この力をあまり現代の人は使えていない気がしています。PCやインターネットの便利な世の中であればあるほどこの力が要らなくなっていることもあるかもしれません。

イメージの中で思い巡らせるよりもリアリティがすぐに手に入る時代だからではないでしょうか。

筆者は30年ほど前から好んでコンピューター、インターネットの世界に参入し毎日多くの時間をPCやインターネットを使って過ごしていますので、その世界は詳しい方だと思いますが、それでも瞑想をしている時の方が認識力の広がりは半端ではないです。

もちろん途中でテレパシーによって宇宙人や霊との交流もありますし、意識の広がりがこの地球の空間や時間で止まらず、宇宙にまで及んでいます。

このような体験によってこの先の未来が見えています。ですから、これから現在の常識が嘘のように変わるようになってくるでしょう。また、そうなるべきなのです。

常識を超えたマインドセットをもつべき時

今、世界は未知のウイルスによって世界が混乱しています。あれだけ医療技術が発展していると言っても、未知のウイルスに負けているわけですから、今後も未知なるものがたくさん起こり始めるし、常識では無いことを観ることになるでしょう。

ある意味、人類の傲慢さを試され、幼稚さを教えられているとも言えるのです。

筆者がそうなるべきと言っているのは、現在、この世に生きている人が認識力、意識を大きく持たなければならない時が近づいているということでもあります。

今の世の中の常識的なマインドセットのままであれば、ほとんどの人が驚愕きょうがくの未来にはついていけないからです。

今、宇宙的な科学技術においてアメリカ、ロシア、中国が先を言っています。日本は技術力は超一流ですが政府の協力が少ないために遅れをとっています。

ここだけで日本の常識は世界に遅れているといってもいいです。

今、時代が宇宙まで意識が広がってきています。火星移住計画まであるのですから人類の科学技術の発展は目まぐるしいものがあります。

しかしながら、それとは反対にこの地球に多くの異星人が来ているのも事実であります。

ご存知の通り、最近、NASAUFOの存在を認め始めました。(※NASAではなく米国国防総省ペンタゴン)

はるか遠くの惑星から宇宙人が来ているというのは、この地球より科学技術が発展しているからです。すでにアメリカ、ロシア、中国は宇宙人から秘密裏に技術提供を受けていると聞きます。宇宙人によって科学技術レベルも様々なようですが、良い宇宙人、悪い宇宙人もおり、それを見守っている宇宙連合、宇宙防衛の宇宙人たちもいます。今は地球に大きな侵略行為がないのがその方々のおかげでもあります。

これらの宇宙人と地球人の圧倒的差は何かというと、認識力の差です。これは常識を超えたマインドセットをもっていると言うことです。

地球人は、やっと宇宙に出ていく意識ではありますが、彼らは銀河宇宙をすでにテリトリーにしているということです。

これは確実に認識力の差です。この認識力の差が科学技術の差を生んでいます。

私たち人間は空気を吸って生きなければならないという常識をもっています。ですから宇宙に出るには地球上と全く違う次元だと思い込んでいるところもあります。

しかし、宇宙人は惑星だとか大気圏だとか宇宙空間とかの分け目を気にせずに自由に移動できます。また、いつも目に見えない世界に存在できますし、意識的にこの世に物質化して姿を表すことができるのです。空気あるなしは関係ありません。それを超えた次元に生きているということです。UFOも同じく消えたり現れたりするのは次元間の行き来が瞬時にできるということです。テレポテーション能力です。

その認識力や意識の違いは何なのかということになります。

それは、地球の現人類は唯物主義的な常識に縛られて、見えない世界があると信じていないせいで認識力や意識がそこまで到達していないのです。だから宇宙人から見たら、地球人は原始人に見えるらしいのです。

我々は、やっと宇宙に出ることが常識にはなったのですが、これでもまだ原始人レベルであるというのです。

本当のことを言うと、今の地球の科学技術の発展ではもう限界がきているということを教えられているのです。

今の地球の技術で何百光年も離れた惑星にどんなに早い乗り物で行っても着く頃には死んでいたら意味はありません。映画のように冷凍技術で長生きさせることもいずれはできるかもしれませんが、基本的にそれは宇宙人が知っている本当の世界、多次元(霊的世界)を利用して一瞬で通過するルールを知っていればそんなことをする必要もないわけです。

ですから、地球人が原始人と言われている本当の意味は「基本的に霊的世界を信じていない」ということにあるのです。スピリチュアル世界が真実の世界であることを信じていない、そこが幼稚であると言うことのようです。

そのスピリチュアル世界は死後の世界であり、その死後の世界には様々な次元が存在します。しかし、この3次元世界は物質世界で特殊な世界であり、実験的、試験的、学校的な場であって、本当の世界は4次元以降の世界であることをどれだけの人が信じるかでこの世界の常識は変わってくるのですが、まだまだ、残念ながらそこまでいっていません。

幼稚な古臭い唯物主義が横行し、死の恐怖によってこの世にしがみついているうちは認識力が狭すぎるということになります。ですから、宇宙から見た地球の真の発展を阻害している唯物主義をこの世から追放したい理由がそこにあるのです。

キツイ言い方になってしまいますが、霊の話をするだけで怖いと言って真実を知ろうとしないのは、自分は人間ではありませんと言うことと同じことなのです。自己否定しているのです。

ですから、筆者が言っているような妖怪、幽霊、悪魔、悪霊、天使、宇宙人、神などの霊的存在の話しすらまともに信じていないと言うことは、宇宙人からしたら幼稚、原始人であると言うことになるのです。

これから起こる未曾有なことやUFOや宇宙人の出現もあると思いますが、ある程度、霊的、スピリチュアルな知識を入れておかなければ、たぶん、多くの人たちは狂乱、悩乱すると思いますので、筆者は伝え急いでいるのです。

まもなく未来がスターウォーズのSF映画のように、様々な異星人と人間が地球上で同居している世界が展開していくかもしれないからです。

この常識を超えたマインドセットをもつには、全ての人に共通の「心」を深く探求することが重要になってきます。

それが自身の本質が霊であること、スピリチュアル存在であることを認識できる道だからです。

まずは知ること、イメージすること、そして、恐怖心をなくして信じ切ることです。

そうすれば霊的な何かを感じたり、霊的現象が起こったりしてリアルな認識力や意識が高まって来ます。筆者のようにテレパシーが使えて宇宙人と交流ができるようになるかもしれません。その時に心の奥に神が存在しているということを信じることが重要になります。その信念、信仰心があなたを恐怖から守ってくれるからです。

272447によるPixabayからの画像

スポンサーリンク