「心」は、もうすでに勝手にいろいろなものを引き寄せています。

 

なぜなら、それが「心」の法則で「心」がもっている性質だからです。

しかし、現代人のほとんどが、その「心」の法則に気が付いていない

かもしれない。

だから無意識に幸や不幸、運や不運を引き寄せているのです。

 

不幸や不運は、本人の「心」が引き寄せているにもかかわらず、

他人のせいにしているところもあるのでは。

 

本当は「心」のハンドルを握るのは「あなた自身」でしかないのに

他の誰かにコントロールされたいかどうか「心」に問いかけて欲しいのです。

あなたは他人の車に乗っていませんか?

 

「心」の性質を知って、積極的にハンドルを握る意志があるならば

「引き寄せの法則」により、あなたは必ず「幸福」を引き寄せることができるはずだ。

 

スポンサーリンク

「心」はどこにある?

あなたの意識(思ったり考えたりすること)の中心にあるものが「心」です。

この「心」は頭脳にはありません。

頭脳は記憶をつかさどるコンピューターのCPUやハードディスクのようなもので

思考している中心の「心」は、コンピューターに指示を与えている

「本人」そのものです。

この「心」は胸の心臓あたりにあって、目には観ることができません。

 

この「心」の部分は、この世的な意識見えない世界(次元が違う)

の意識があります。

心理学的には、表面意識潜在意識という言い方をします。

 

最近では、医学の先進的な発達もあって

脳科学などが頭脳に「心」があるように言っています.

これは、いずれ真実がわかる時がきますが

「心」が頭脳にあるという「唯物論」の最たるもので、

人間を物質としてみている考え方です。

 

この弊害が、真実の「心」の法則を

ますます気が付かせないようにしている原因でもあります。

 

あなたは何者ですか?

あなたは、何者かと聞かれたら、思ったり考えたりしている

存在そのものが「あなた」であり

そのコンテンツ(内容)があなた自身を物語っているのです。

 

あなたの意識(思ったり考えたりすること)の中心に

あるものが「心」であり、

人間は霊、魂が本来で、この世で肉体を着て生活をしています。

 

肉体の内側に霊体(魂の体)と呼ばれる見えないカラダがあり

その中心が「心」なのです。

 

だから、あなたはこの世に生きているように観えていますが

実は「心」は見えない世界と繋がっているのです。

にもかかわらず、見えない世界に対して「信じる」という人が

今の現代には少ないのが現状です。

 

それは、言葉をかえれば

「自分の心を信じていない」ということになります。

スポンサーリンク

他人が運転している車に乗っている?

「心」には引き寄せの法則がありますが

これは別の言い方では波長同通の法則類は友を呼ぶともいいます。

 

あなたが日頃から思ったり考えたりしている「心」が

同じような傾向性のものを引き寄せているのです。

ネガティブな思いや考えはネガティブなことを

ポジティブな思いや考えはポジティブなことを現実に引き寄せています。

 

あなたが何者であるかは、見えない世界において嘘偽りは通用しません。

「心」があなたそのものであるので、その通りに引き寄せてくるのです。

 

このような法則があることを知っていれば

本来「心」の主人公である

あなたは、自分の「心」は自分でコントロールすべきことが

わかるのではないでしょうか。

 

しかし、現代のほとんどの人が

実際は他人の運転する車に乗っかっているか

ゴルフ場の自動運転カートに乗っているような感じがしています。

 

ポジティブ、ネガティブな心の傾向性

ネガティブな「心」の傾向は、愚痴や不平不満、嫉妬や悪口

自己否定(できっこない)、そうならないと思い込む(すぐあきらめる)

人のせいにする、嘘をつく、根に持つなど、

他にもたくさんあります。

 

ポジティブな「心」では、物事や人の言うことを

プラスに捉えて、明るく素直で人の悪口を言わない

そして、やればできると諦めずにやり遂げ、失敗しても

自分の責任として受け止めるような傾向をもっています。

 

あなた自身は、一日のうちでポジティブな思いが多いか

ネガティブな思いが多いかを振り返ってみてください。

 

特にネガティブな傾向が多いと感じたら、思いをコントロールして

できるだけポジティブに思いや考えができるようにしましょう。

 

心の傾向性が引き寄せているもの

実際は、すでに心の法則として引き寄せが起きているのが真実です。

 

心を意識しようがしまいが、ネガティブであればそちらに共感するものを

引き寄せていて、ポジティブであっても同じ法則が働いています。

 

ネガティブなものが引き寄せているものは、不幸や不運になる要素が多く、

ポジティブは、幸福の種になるものが多いです。

それは、人、機会、物、状況、環境、タイミングなどすべて要素を

引き寄せます。

 

引き寄せは見えない世界で行われている

引き寄せの法則、波長同通の法則、類は友を呼ぶなど共感共鳴している

状況は、「心」の潜在意識で行われています。

心の潜在意識は見えない世界にあり、そこで波長の違いにより

分別があります。

ポジティブは精妙な波長で同じような波長のものと

ネガティブは粗い波長で似たもの同士が共鳴するのです。

 

実はトンでもない事が起きている

見えない世界には迷っている霊が多くいます。

ネガティブな「心」を長い間持ち続けていると

同じ傾向のネガティブな霊を引き寄せてきます。

 

そして、同じネガティブな思いが2重に被り

中々、そのネガティブな思いから解放されなくなって

しまうことがあります。

同じような考えをもっているので、まさか自分に憑いて

いるとは気がつかないのです。

自ら、積極的な反省ができない時は要注意です。

 

このように、本人には気が付いていないところで

トンでもない事が起きているのです。

 

「念」を使った引き寄せは危険

積極的に「こうしたい」という思いの場合は「念」という形で

方向性をもった意志として飛んでいきます。

 

この場合は「心」の状態がポジティブであれば

問題ありませんが、ネガティブな場合は危険を伴います。

積極的にネガティブな悪いことを思い、考えていると

悪い霊を引き寄せて本人の意志を乗っ取られることもあります。

 

ポジティブな「心」は守護霊と同通する

ポジティブな思いや考えをもって、日々明るく

素直に生きて、人や世の中のためになるように自助努力をしていれば

いつも、守護霊に見守られています。

 

守護霊は引き寄せとは関係なく、通常あなたを守っています。

しかし、あなたが他の波長の悪いものを引き寄せてきた場合、

守護霊とあなたの間に障壁ができてしまい

守護霊があなたを守ることができなくなり、幸せが遠のいてしまいます。

この責任は、守護霊よりもあなたにあります。

 

「心」をコントロールできるのが幸せへの道

「心」は引き寄せの法則をすでにもっていることを理解して頂いたら

次には、自ら「心」をコントロールしていくことを学んでください。

 

「なぜ、自分には不幸なことばかり起こるのだろう」と思ったら

それは「心」に原因があることが多いのです。

それは今まで「心」の大切さを感じて来なかったからです。

 

あなたの「心」の中では自由な思考ができますが

本当は、「心」に溜めたり発したりしている思いや考えには

責任が伴うということを知らずに、

自身の「心」に主体性をもって考えることなく生きていたので

見えない世界で起こっている真実に意識がいかなかったのです。

 

あなたの「心」の王国はあなたが主人公なので、

自分自身でハンドルを握り、ポジティブな思いや考えをもち

正しい引き寄せを使いコントロールしていくことで

本当の幸福を手にすることができるのです。

 

ぜひ、このブログサイトの「心の錬金術」で心の法則を学んで

反省して幸福な人生を歩んでください。

 

まとめ

引き寄せの法則は、「心」の法則でもあるので

しっかり「心」の法則や性質を学ぶことで

自分自身でコントロールができるようになります。

 

常に「心」の状態をチェックし、反省すべき点が

見つかれば必ず打ち消してポジティブ思考に

チェンジする習慣をつけることをオススメします。

 

引き寄せの法則は、波長同通が働くので

迷っている霊や悪い霊に憑かれても

自分ではわかりません。

いつのまにか、ハンドルを握られないように

主体性をもつことが大事です。

 

その主体性は、自分の「心」の王国は

自分が主人公だということ、自分で守ることです。

そのことであなたの守護霊があなたのポジティブな心に同通して

あなたに幸福を運んでくれるでしょう。

→     →  →  →【心の錬金術】幸福な第二の人生へ導く魔法

 

スポンサーリンク

感想・質問フォーム

今回の記事は、いかがでしたか?  あなたのお役に立てましたでしょうか?

記事を読んでの感想やもう少し知りたいこと、質問などございましたら
スピリチュアルや心の問題など、どんな事でも構いませんので、
下記フォームにお書きいただき送信してください。

すべて、Toshitaka本人が回答し、頂いたメールアドレスに返信いたします。
気がつき次第、できるだけ急ぎの回答はいたしますが、
こちらからのメールが、ご相談者様の「迷惑メールBOX」に届くケースが
多いようなので、そちらのご確認をお願いします。