●Profile はじめまして! 『心のアルケミスト

かみむら 寿誉(Toshitaka)です。 1958年生  鹿児島県出身

マインドアルケミスト、スピリチュアリスト、哲学者、宗教思想家

建築・インテリアデザイナー、グラフィック&webデザイナー、ガラスアーチスト、木版画家(多色刷り)

地方自治関係のボランティアJob (2014.9〜2018.4)


●Private history

難病による脳梗塞で半身麻痺に苦しんでいた1987年〜1991年、突然の霊的奇跡により病気が完全回復。それ以来、目に見えない存在に感謝しつつ、49日間の反省的瞑想を行う。その間様々な霊的現象や神秘体験をとおして人間は本来霊的存在であることに目覚める霊的覚醒をした。この時に「第三の目」が開いた。その後、様々な未知の能力に目覚める。

そして、守護霊や支援霊との交信によって自らの使命を悟る。その後、社会経験を積む必要があったために、やむなく仕事を探すが、自分の希望していた仕事に導かれる。

そして建築、インテリアデザイナー、ガラスアーチストとしてデザイン会社を設立、25年間一般社会に揉まれながら平凡な生活を送る。その間も個人的には様々な霊的現象、神秘体験や霊との会話は続いていた。

2016年よりブログ『幸せになる心の錬金術』を立ち上げてブログ記事をとおして、苦しみや悩み、自殺願望をもった人々のためにスピリチュアルな方面から救いたいと活動を開始した。今では毎日多くの悩める人々がブログに訪れている。その後、本を書き始めた。

基本書でもある『天国の扉』の執筆中には自動書記のように神の言葉が下りてくるようになり、同時に様々な神秘、霊的体験があった。

そして、2019年8月に自分自身が『預言者』であることを悟るに至った。予言ではなく、神から言葉を授かる預言。

2019年8月 心のアルケミストとして『幸せになる心の錬金術』による「スピリチュアル人生哲学」の本を次々と書くために本格的に個人出版社を立ち上げた。 2020年5月 最初の大悟から約30年後、二度目の大悟においてシールレットだった驚愕の真実を知る。それは預言者を超えた者であった。なぜなら、地球人の魂ではない。

2020年11月より使命を行使するためにスタートする。地球霊界の4次元にある地獄界の改革をする。世界的に有名な悪魔ルシファーを筆頭にキリストが妨害されたベルゼベフなど、大物悪魔10人以上を成仏させる。また、その後引き続き2ヶ月半にわたって地獄の他の悪魔、悪霊、地獄霊、地縛霊、幽霊となって彷徨っている霊たちを含む30億以上の魂を成仏させた。これはこの地球が生まれて40億年以上、それ以来のイベントである。どのようにしたかは『ノンフィクション物語、地球人類未来の選択』に書いている。

さらに、中国を中心とする4次元地獄界に何万という闇の組織を形成していた悪質な宇宙人たち数十万人との壮絶な戦い10ヶ月にわたり行われて来た。それと並行して地獄霊30億以上の空になった地獄界の穴を埋めるように全宇宙から悪質系宇宙人が30億以上来ている。一部、15000種類の宇宙人と面会を行った。

現在も悪質宇宙人との戦いは続いている2021.9.14。これは4次元世界の話で筆者は超能力、魔法の力によって彼らとリアルに真剣勝負をしている。この内容は『鬼滅の刃』より面白いと思う、なぜならノンフィクションだからである。

おそらく、この地球ではこの事実を知る人は、一人しかいないと思う。その一人に協力要請のためにテレパシーを送っているが、あまりにも妨害、なりすましが多いため通信がうまくいかない。協力が取れ次第、本格活動に踏み切る。