●Profile

はじめまして! 『心のアルケミスト

かみむら 寿誉(Toshitaka)です。

1958年生  鹿児島県出身

マインドアルケミスト、スピリチュアリスト、哲学者、宗教思想家

建築・インテリアデザイナー、グラフィック&webデザイナー、ガラスアーチスト、木版画家

地方自治関係のボランティアJob (2014.9〜2018.4)


●Private history

難病による脳梗塞で半身麻痺に苦しんでいた1987年〜1991年、突然の霊的奇跡により病気が完全回復。それ以来、目に見えない存在に感謝しつつ、49日間の反省的瞑想を行う。その間様々な霊的現象や神秘体験をとおして人間は本来霊的存在であることに目覚める霊的覚醒をした。

そして、守護霊や支援霊との交信によって自らの使命を悟る。その後、社会経験を積む必要があったために、やむなく仕事を探すが、自分の希望していた仕事に導かれる。

そして建築、インテリアデザイナー、ガラスアーチストとしてデザイン会社を設立、25年間一般社会に揉まれながら平凡な生活を送る。その間も個人的には様々な霊的現象、神秘体験や霊との会話は続いていた。

2016年よりブログ『幸せになる心の錬金術』を立ち上げてブログ記事をとおして、苦しみや悩み、自殺願望をもった人々のためにスピリチュアルな方面から救いたいと活動を開始した。今では毎日多くの悩める人々がブログに訪れている。その後、本を書き始めた。

基本書でもある『天国の扉』の執筆中には自動書記のように神の言葉が下りてくるようになり、同時に様々な神秘、霊的体験があった。

そして、2019年8月に自分自身が『預言者』であることを悟るに至った。

2019年8月 心のアルケミストとして『幸せになる心の錬金術』による「スピリチュアル人生哲学」の本を次々と書くために本格的に個人出版社を立ち上げた。

2020年5月 最初の大悟から約30年後、二度目の大悟においてシールレットだった驚愕の真実を知る。

この地球惑星のみならず「広大な3次元宇宙全体」に大きな責任があり、神の大計画をもって今回宇宙で最も注目されていた地球惑星のために、第二弾による地球人類サルベーション計画を実行すべくシークレットで生まれていた宇宙存在(宇宙人ではなく、3次元世界の惑星に生まれることはほぼあり得ない)であることを確信する。


●Mission&Project  (2020年5月に明らかになった)

2020年から始まった第二弾の地球人類サルベーション計画を実行する。

第一弾の地球人類サルベーション計画は30数年前から救世主のグループにてすでに進行中ではあるが、第二弾も第一弾同様に救世主(地球の最高神)を中心としたさらに大きな地球人類サルベーションが実行される。第二弾のグループも同時に協力し合いつつ霊的世界が真実であることの霊的証明を兼ねたセッションやワークショップや書籍によって、多くの地球人類を目覚めさせて最低でも天国に導く計画を遂行する。この第一弾、第二弾を合わせたものが今回地球における「宇宙の神の大計画」である。

ただし、この期間には限りがあり、タイムリミットまでそれほど長くない。それはこの地球惑星だけの問題ではないからである。

当然ながらその結果によっては「成功」と「失敗」の二通りがあり、まだまだ地球人類の多くは霊的目覚めに遠く、すでに崖っぷち状態に立たされているが、奇跡を信じて挽回していくしかない。ただ、どちらに転んでもその後の地球人類の未来は計画してある。

しかしながら、宇宙からも期待され注目されている救世主であるがゆえに「成功した地球人類の未来」を是非とも実現していただかなければならない。それはこの地球人類にとっても救世主にとっても有終の美を飾るべき「大きな理由」があるからである。

そのためにも第二弾としては、宇宙からの介入及び地球惑星意識、地球霊界の高級諸霊、仙人天狗、妖怪、未知の生き物、生き物、天候などを司る自然霊など地球霊界に棲む全てを一同に集結したさらに協力なサポート体制を仕組んである。ゆえに奇跡は起こり続けることになる。また、地球惑星意識の活動の大小及び現人類が向かうべき様々な霊的道筋など他の惑星へのいくつかの導き先を含む未来に対しても、宇宙銀河の全体的観点からすでに責任をもって計画済である。

スポンサーリンク


●Design&Artwork

1998年より「デザイナーズマンション」の先駆けとして、これまで東京、大阪エリアで中小、大手不動産会社において分譲、賃貸250物件以上のデザインを行ってきた。モデルルーム、ショールームのインテリアデザイン、監修も同時に数多く手掛けた。

マンション、アパートメントデザイン、監修

個人邸デザイン、監修

モデルルームデザイン、監修

アーキテクチュアルガラスデザイン、監修