コロナパンデミックを終わらせるための究極の方法を行った。それは、医学的方法ではない、それはあり得ない常識を逸した秘法であった。その犯人に対してとうとう神から鉄槌が下った。もうこれ以上は許すことができないと、、、 筆者は前に書いたブログどおり、コロナパンデミックを起こした犯人は初めから知っていた新疆ウイグル自治区におけるジェノサイドや台湾侵攻を起こしている者たちである。そこで、信じられない手法で犯人に対して制裁を課した。この方法により本当に筆者がやったことが真実なら、神の証明、あの世の証明、また人間は魂として永遠に生きていることを証明したことになる。

中国政府が仕掛けていたウイルス戦争

世間はコロナの感染状況が一向に治まりません。それどころか新たなウイルス(オミクロン株)が出てきております。現在、日本では沖縄の米軍基地周辺が最も感染状況が悪い様です。また、アメリカ、オーストラリアやヨーロッパでの感染が急速に高まっています。これらの状況から、どのようなことが読めるかですが、ほとんどは感染症対策での医学的見地からの意見によって各国は対応をしている状況です。

しかし、考えてみてください。このコロナウイルス問題の発祥地は中国です。

中国が何か魂胆こんたんたくらみをもってして何かを行っているとしたら、これは絶対に許されるものではありません。本当は各国は中国を追求すべきです、しかし、アメリカにしてもヨーロッパにしても中国に対して責任追求を怠っています。特にアメリカはバイデン大統領に代わってから強いアメリカはどこかに行ってしまいました。元ドナルドトランプ大統領は中国に対して責任追求を豪語していましたが、もうそこまで正義をもった政治家はどの国にも存在しません。

日本に頼れる政治家はどこにいる?

一方、日本は最も貧弱すぎて政治家という者すら見当たりません。金をばら撒くだけの政治屋さん?ですか?頭の悪い人が多すぎます。金をばら撒けば政治家の票につながりますが、その分、国民は後でたくさんの税金を徴収されるでしょう。結局は国民は国から前借りをしているのと同じことです。

国の税金の徴収の仕方が国民にはわからないように、コロナパンデミックよろしく、いろんなところで少しずつ税金を上乗せし始めているのでしょう。もちろん、どの国もパンデミックのおかげで経済がうまく回っていないために苦労はしていますが、ばら撒いた分だけ回収はしなければいけなくなるのです。

しかし、日本もアメリカもヨーロッパも民主主義とはいえども考え方は社会主義に寄っていますので国民からの税金に頼るのは間違いありません。

本当は、税金に頼らなくて国民を元気にして国力を上げていく方法はあるのです。しかし、誰もそれを信じないでしょう。なぜなら、神の正義を実現するだけの本当の信仰をもっている人が少ないからです。

外科的手術が必要な闇の勢力

本当は祈るだけが信仰ではないのです。我々神の子供として神が何を考えていらっしゃるのか、そのお心を知ることも信仰であるのです。しかし、それは心の奥深くの神への信仰をもっている人にしか理解ができません、なぜなら根源の神は我々の心の奥深くに存在しているからです。さらにこの世の物質世界を本当の世界であると思っている人たちには繋がることが難しいのです。だから謙虚になって心の奥深くの神に対して耳を傾けるべきなのです。

神が今、何をしているのか知っている人はほとんど誰もいないと思います。筆者のいう神とはこの宇宙どころか4次元から高次元までの多次元世界や我々魂を創造した23次元存在の根源の神ことです。

しかし、筆者はその「根源神のエージェント」としてやるべきことを誰にもわからないところでやって来ました。

現在は、本格的に地球を覆う闇の勢力にメスを入れ始めて、がん細胞の摘出手術を行っています。まさに地球のリセットに向けて、それを阻止すべく闇の勢力をリセットし始めています。

中国によって世界にばら撒かれていた

先ほどのコロナ感染問題に戻りますが、現在、オミクロン株が新たに出て来ておりますが、これらの新しいウイルスは、実は中国が故意にばら撒いていました

理由を言うと、北京オリンピックの各国要人の不参加や人権問題による中国への各国の対応に対する報復の意味で密かに各国でオミクロン株をばら撒いています。日本の沖縄の米軍基地あたりが急激に多いのは、中国は沖縄から米軍を撤退させたかったからです。

中国は尖閣諸島を台湾と同時に奪いに行くつもりでした。その次は沖縄を奪うつもりでいました。そのために米軍を撤退させる必要があって、米軍あたりの感染者を多くさせることで、中国寄りの左翼で有名な沖縄県知事らが米軍を責め立てる材料になるようにする戦略があったのです。

筆者は、彼ら中国政府の者たちの魂からばら撒いている事実を聞き出したので間違いありません。

ちなみに、幸福の科学の大川総裁が1230日にバイデン大統領と習近平国家主席の守護霊霊言をとっている様で2日前にネットのホームページで知りました。この内容はよく知りませんが、コロナウイルス全てをばら撒いていることを習近平守護霊が漏らした様です。

しかしながら、筆者は、今年1月5日に習近平氏守護霊ではなく、本人の魂を呼んで制裁を課したので、もうすでにこの時の収録の習近平氏の地上の魂とあの世にいる守護霊また一部魂の兄弟はこの地球には存在しません。

中国政府、習近平国家主席や他の魂は永久追放

実は、筆者は3日前(15日)から中国政府、習近平国家主席を始めとする中国共産党要人ら7人と中国武漢ウイルス研究所やその他のウイルス研究所関係の責任者また、研究者を含む関係者3000人以上に対して制裁を課しました。それは明らかに彼らはコロナウイルスや炭疽菌などの生物兵器による世界戦争をすでに仕掛けていたからです。これは生物兵器に関するところですが、インターネット戦争は以前からで、実は人工衛星からも戦争を仕掛けているのを別の機会に言及します。

彼らに課した制裁の詳細

筆者は彼らに対して、どの様な、制裁を課したのかを詳しくお伝えすると、現在の汚れた魂本人(地上の肉体に宿っている魂)を汚れていない新たな魂に入れ替えて肉体に宿らせたのです。そしてこの地球から永久追放しました。

前回のメルマガでお話ししましたように魂というのは、水の上に浮いている氷の塊という例で示したように水面から上にある氷山が、この世の3次元世界で肉体に宿っている魂の一部です。

しかし、人間は魂として永遠に生きている存在で、例えば過去にこの地球においてさまざまな国で生きた過去というものがあります。その過去の魂は現在もあの世で生きているのです。その一人が守護霊役をしています。ですから、あなたにも守護霊以外に過去に生きた魂の兄弟がたくさんいます。

その兄弟全体を通して「あなた自身の魂」とも言います。

また、この世に生きている条件として肉体と魂を繋げるシルバーコードというのがありますが、これが切れた時に始めて「死」と言って魂が肉体から離れることになるのです。

このような常識を覆すような「魂の入れ替え」という魔法を筆者は神のエージェントとして授かっていたのです。

これまで悪質宇宙人との戦いにはテレポテーションさせる魔法を使っていますが、悪霊、悪魔にもそれは同じように効果がありました。さらに昨年末から別の力が使えることがわかったのです。

そこで中国政府の重鎮やウイルス研究者たちの制裁は「魂の入れ替え」による厳しい制裁となったのです。

悪事を犯していたものたち(地上の肉体に宿る魂)は全員、魔法によって、「頭のみチョコンと出してその下はミノムシのような岩」で覆い、一切、自由に動けない状態にします。そしてそのまま10億年の刑として彼らを過酷の星に移送しました。過酷の星とは『ノンフィクション地球人類未来の選択』に書いていますが、さらに付け加えるとすれば、その惑星は彼らの反省の場と教育の場であるのです。初歩の幼児教育が必要だからです。魂として未熟で稚拙、それは神の子供であり魂として永遠に生きていながら、他人に対して人権侵害や人を物扱いにする唯物主義、共産主義悪に染まっているために初歩から教育しなければならないからなのです。

魂の入れ替えとは何か?

「魂の入れ替え」が本当にできるのかと思うかもしれません、それでは具体的にどのようにするかをお伝えします。

まず、汚れた魂を肉体と繋がっているシルバーコードから切り放します。そして本体部分にいる守護霊を含む魂の兄弟たちの中から、汚れていない天国にいる者を限定して入れ替えるのです。

しかし、この世で生きている魂の影響が魂の兄弟たちにも伝染しています。

守護霊は当然アウトです、ほとんどが次も次もというように6人目まで遡った過去の魂までもが伝染して汚れているのです。

結局、彼らもあの世から地上の魂をサポートするために観てはいてもどうすることもできない、中には魂によってはそれに同調してしまうのです。地上の悪の影響力に負けてしまうのです。その理由は天国にいると言っても彼らは元は4次元や5次元くらいの天国にいたので、神の正義を行使できる力はありません。また、すでに彼らの中には途中から地上の魂に引っ張られて天国から地獄に落ちている者もいます。そして中には悪霊や悪質宇宙人の憑依の影響もあります。

ですから、8つ目以降の天国にいる汚れていない魂に限定する必要があるのです。だから、それ以外の守護霊を含む6つの魂と地上の魂の合計7つの魂の兄弟全てを過酷の惑星に移送したのです。

筆者は選択して移送までは魔法を使いますが、肉体と魂で繋がっているシルバーコードを新たな魂と入れ替えるために切ったり繋ぎ直すのは、支援大霊と根源の神にお願いしています。ですから繋ぎ直すときに一瞬死ぬことになりますが、それは魔法によりスピーディー行われるために地上的には何も、肉体にも変化はありません。

新しい魂に対しての会話

さらに筆者は新たに入れ替わった魂に対して話をします、「これからは執行猶予しっこうゆうよ付き(監視付き)とする。二度と同じ悪事、過ちは犯すなかれ、人間として真っ当に生きなさい。中国には貧困に陥っている人たちがたくさんいる、国を繁栄発展させて彼らを幸せにして他国への信頼回復に努めなさい、それがあなたたちの使命である。また地球は近い将来99パーセントリセットが決定している、だからこそあなたたちが中国を良い国にしていくことでリセットが起きない奇跡を呼ぶことができるのです。頑張ってください。」と伝えています。

18日の朝方5時過ぎには、新疆ウイグル自治区におけるジェノサイド、強引な肝臓摘出、拷問ごうもんやレイプなどをしている看守やその責任者また政府機関の者たちに制裁を課して過酷の惑星に移送しました。そして、新たな魂たちに強制収容所から全てのウイグル人や法輪功の人たちまた政府から捕まった人たちを解放するように伝えました。

魂を呼ぶとは、どういうことか?

彼ら(魂)を呼ぶというのはどういうことかですが、天国や地獄にいる霊や守護霊または宇宙人らの場合は時間は関係なく呼べますが、この世に生きている肉体に宿る魂の場合は、本人が寝ている必要があります。肉体を離れて魂のみ呼ぶということでこれを「生霊イキリョウ」とも言います。だから、筆者はそれらに合わせなければならないために夜中に一連のことをしているのです。中国の場合は時差があるので日本より1〜2時間くらいは遅めです。

今回の場合は強制収容所勤務の者たちに合わせるために昼夜交代制及び3交代制を考えて、12時間後の午後4時ごろに寝ている魂を呼びつけて同じことをしました。この記事を書いている最中です。

この様に魔法を使うことによって、現在は、中国の悪事を暴きながら実際に目に見えないところで制裁を加えています。

普通なら、夜中に霊的な活動していれば絶対、統合失調症や霊的な病だと疑われると思います、地獄霊や悪質宇宙人に憑依されているならば必ずそれらに翻弄ほんろうされて不規則な生活になるのが常識だからです。しかし、筆者はどんなに夜中に長時間活動したとしても朝7時から夜9時半ごろ、寝床に入るまで日常のルーティンを毎日規則正しくこなしています。朝7時から母の朝飯の準備を終わらせてから、建築デザインの仕事がない時は英語をオンラインで学んでいます。

あり得ないことをやっている

筆者がやっていることは、世界の誰も知らないことではありますが、必ず、この世でそのことの証明ができると信じています。それは4次元世界で起きたことは必ず3次元世界に実現するからです。これは「宇宙の法則」です。

世界のコロナ騒ぎは確実に終わらせます、コロナの出どころを完全に止めるからです。まだまだ、序の口であり、さらに世界中の闇の勢力に対して制裁を課していきます。

結局、これもある意味、「悪」や「闇」を地球から排除してリセットをかけていることになるのです。

また、ここでは詳しく言及しませんが、闇の勢力だけではなく、地球霊界の最高の神格をもった9次元霊に対しても責任追求によりリセットをかけました。いわゆるこの地球が闇の勢力で覆われてしまった、そして10年以内に99パーセント起こる「地球のリセット」まで追いやってしまったところの責任問題です。これは、本当に信じられないことが起きました。

これについては次の書籍でお伝えしようと思います。

コロナパンデミックに終止符

中国政府の重鎮じゅうちんやコロナウイルス関連や新疆ウイグル自治区の闇の者たちへの制裁に対しての良い結果が出るかもしれないからです。これでコロナパンデミックや中国の台湾侵攻やジェノサイドに終止符を打つことができたなら、筆者のやっていることの証明になると思います。さらに今晩には、次はコロナウイルスを実際に各国に密かにばら撒いている者たちを呼び集めて制裁を課す予定です。これでコロナウイルスは終わると信じています。

Gerd AltmannによるPixabayからの画像 

●ノンフィクション物語『地球人類未来の選択』の書籍を発刊!!!AmazonKindle 電子書籍 1250円

これは、2020年11月から半年以上に及ぶ、筆者が経験した地獄界解消や悪質系宇宙人との面会や戦いによる感動の実話である。

●『地球人類未来の選択』の書籍を発刊!!!AmazonKindle 電子書籍 1250円

「心」はなぜ重要か? 死とは何なのか? この大宇宙や地球を創造した神の考えは何なのか? 我々人間はどこに向かっているのか?
今世紀の地球人類の使命は何であるのか? この地球はどこに向かうべきなのか? この地球のリセットを回避できるのか?などの疑問が解決する。
 近未来に起こる「地球のリセット」は予言ではなく計画です。これから地球人類77億人が救えるか、その神の計画第二弾が始まったのである。

●『天国の扉』はスピリチュアル人生哲学の基本書になります。霊的真理を学びたいならこの本がオススメ!

天国への登竜門がこの本である。

この世で幸せな人生を送りたいあなたへ!

人間とは何か?人生とは何か?何のために生きているのか?人はなぜ、悩み、苦しむのか。自殺をするとどうなるのか?死後の世界はどうなっているのか?
あなたの疑問が解決し、心の悩みがスッキリし、あなたの人生が明るくなる魔法の書。
これまでに知らなかった真実を知ることでポジティブな人生に変えることができ、そして死後にも『天国の扉』を開くことができるでしょう。