(緊急記事)世界はコロナウイルスにたじろいている。中国を起点として広まり、今や世界中が中国との関係をシャットアウトしている。しかし、この日本においては政府の何も決めきれない消極的思考にウイルス患者を船の中で翻弄させている。このような現状に世界中から日本に批判がおきている。

何も決めきれないというのは、法治国家という名を借りて法的な手続きをしてから緊急事態を対処しようとしているところにある。しかもその法律は自分たちを守るための法律であって、緊急事態を速やかに対処するための積極的な法律ではないところに問題がある。このような政治手法には国民としていい加減飽き飽きしている。全て政治家や行政の逃げのための法律だからである。

こういう緊急事態の時は誰が責任を取るとかではなく、日本政府の長が全ての責任をとって正しい判断で対処をすべきで、その判断はウイルス患者をいち早く救うのと日本にウイルスを蔓延させないための敏速な手段に尽きる。それが後手後手に回っているのは自らの政権を守ることに心血を注いでいるからではないだろうか。

もっと前もって緊急事態に対しての法整備が必須であるにも関わらず、国会ではいつも人の言葉の揚げ足取りが主な仕事のようにも見える。

逃げや保険をかけておいてから何かをしようとする政治家や官僚、また行政のやり方には潔さを感じない。その逃げや保険がたくさんの無駄な法律や規制作りになっていることに気が付いていないのではないか。このような責任逃れの考えから脱しなければ、いつまでも憲法改正やロシアとの北方領土問題についても期待できそうもない。

それははっきり言って人間にとって最も大切な「信仰」がないということだ。その信仰とは自らの心の中、奥に正しさ、「正義」という観点がない。何が正しくて何が間違っているかが分からないからだ。そのジャッチができないところに信仰がないと言っている。だから、あやふやな弱い心に対して逃げのための保険をかける癖がついている。また、それが真の大人であるかのようにだ。

スポンサーリンク

世界から孤立している中国と日本

今、世界から孤立しているのは中国と日本である。

コロナウイルスが起こった原因は前述した通りだが、この大きな神意は因果応報と合間って本当は「中国を孤立させること」にあったようだ。

それにも関わらず、日本政府の中国依存に中国が孤立せずに助けられている。

この構図は何かと似ている。

それはアメリカのドナルド・トランプの中国への貿易制裁だ。この貿易制裁の結果、実際に世界で不当に儲けていた中国が孤立に追い込まれている構図通りである。しかしながら、このアメリカの戦略に逆らい中国と強い経済協力を未だに結んでいるのが日本である。

結局、アメリカや大きな神意の戦略がうまくいかないのは日本が中国の孤立の邪魔をしているせいである。極端に言えば、犯罪のための抜け穴を作っているのが日本ということになる。その意味は後述を読めばわかる。

これが世界の中の現在の構図であり、中国だけではなく日本ともに孤立に追い込まれている原因である。

本日、日本と中国の外交会議で予定通りに中国政府の国賓級の日本訪問を進めるとあった。

この中国の国賓級日本訪問には、中国側に大きな思惑、真の狙いがある。それがなければこんな時期に予定通りに進めるはずもない。

それは中国のみが孤立していくのをこの日本との親密さによって世界へはぐらかすためにあり、また、それによって内部や外部に対しての悪なる戦略、行使を正当化するための口実作りに見える。まるでマネーロンダリングのようにだ。

世界から孤立させるべきは中国

国賓の話は、日本サイド、日本からお断りを入れることはできないとマスコミは言っていたが、信じられない。

安倍総理が中国国家主席に「人権問題、他国侵略問題や日本を脅かしている尖閣諸島問題など全てを反省、撤回してから来い」と言えば済む。しかも、それが終わるまでけがれた者は日本の敷居はまたがせないというべきである。

 

昨年8月に『緊急神示』日本の神々からの預言書を出版した。

その中には独裁国家中国共産党の悪事を書き記した。その悪事は刻々と世界中に漏れてきている。その悪事はヒットラーを超える悪事である。

この悪事に目をつぶっている政治家、官僚、マスコミ、経済界、それに国民がいる。この中国独裁国家、共産主義というのは神に反する主義であり、唯物主義と言って基本的人権を持たない、人をも物扱いする考えである。これがテロや犯罪組織であれば普通は警察が出動する。だが、国家がやった場合は犯罪にならないのか?ほとんどの人はその違いがわからないようである。本当は映画の悪の組織さながらが、実際に現実化しているのにも関わらずだ。

もし、世界がこのまま中国に対して何もしないならば、日本人の多くは奴隷化され、強制収容所に入れられるのが目に見えている。中には中国にこびを売るものも出てくるだろう。今の国会では中国による有事の際は敏速な対応は望めない気がしてならない。それだけ、平和ボケした人たちが多く緊張感がないからだ。まさか、中国が日本を攻撃するとは思わないのではないか。

もう、中国西側のウズペキスタン、カザフスタンやチベットの人たち数百万人は強制収容所に入れられてイスラム教を捨てさせて共産主義、唯物主義を洗脳している。

これについては本日の下記のニュースを見れば一部理解できると思う。

https://www.buzzfeednews.com/article/meghara/china-uighur-xinjiang-kazakhstan

もうすでに、アメリカやヨーロッパの議会または世界人権団体に非難されている。このような悪に対して正義を失った日本政府(撤回を求める自民党一派以外)は悪魔に身を売るのかと言いたい。

悪なる因果応報が働き始めた

今回のコロナウイルスの原因については前回ブログ記事『病気の本当の原因は人間の心にありにも書いてある。

中国から新型コロナウイルスが出てきたのはアフリカ豚コレラと繋がっている。なぜなら中国政府はアフリカ諸国に対して長らく高利貸しをして担保として港や国の一部を奪うことで侵略の足がかりを作って来た。しかもインフラ、施設や設備を作る場合の現地の人への仕事のメリットはなく、中国人の働き場となっている。そのアフリカ諸国の人々の怒りの想念がアフリカ豚コレラを産み、そのウイルスを中国にもたらした。

そしてもうすでに、中国の目に見えない世界では3次元世界とスピリチュアルな世界の間に暗雲がたなびいていた。それは独裁者の共産主義、唯物主義の考え、行為が地獄化しているからだ。その想念が中国には渦巻いている。

そこへ今度は中国政府の命令で一億頭以上の豚や他の生き物を殺処分した。そのせいで、死後に豚や生き物の人間の都合に対する反感の想念や強制収容所でのウイグル人などの臓器狩りによる無念の死の想いが集合体となり、ウイルスとして物質化し、夜間の空中を飛ぶコウモリや鳥を媒介にして変異し「新型コロナウイルス」となって広がっていったと思われる。

病気の本当の原因は人間の心にあり

何事にも原因結果の法則、因果応報というのが働いていて、今まさにそれが盛んになっているところかもしれない。

また、少し前に香港の抗議活動にマスク禁止令を出したにも関わらず、マスクをすることで監視カメラの意味なくなるのでそうしたかもしれないが、皮肉にも中国国家主席もマスクをしなければならなくなっている。

中国政府はこの因果応報という意味をわかっているのだろうか。

一方、日本の方は、中途半端な危機管理、緊急事態の対処の不備があらわになってきているが、これは中国に依存しようとしている安倍政権への因果応報が聞いていると言えるのだ。

だから、正義のない安倍政権がいつまでも悪なる中国共産党政府と手を組んでいるからこういうことになっている。

それに、バブル崩壊間近であると言われていた中国の経済が、このコロナウイルスで一気に経済崩壊に繋がらないとも限らないところにきている。このあおりが中国に大きく依存している日本にも来る可能性が大いにある。それは、現在の各銀行が日本政府、日銀の政策のマイナス金利やゼロ金利のせいですでに身動きが取れなくなっている中で、もしこのタイミングで中国経済崩壊になれば、取り返しがつかなくなるところまで来ているようだ。

しかし、中国は経済崩壊を恐れて必死で人民元のデジタル化を狙い、アメリカのドルの世界支配を奪うつもりでいる。これをさせてはならない。それはデジタル化によって債務を誤魔化して生き延びることをしようとしている可能性があるからだ。

世界は、独裁者からアイデアを尽くして金を奪うことを考えた方が良い。金がなければ脅すための武器も買えない、独裁者にもなれないからだ。戦争をせずに悪なる独裁政権を潰すには経済を崩壊させる方法を取るべきだ。国民は一時的にかなり苦しい思いはしても世界核戦争が起こるよりはましであろう。

コロナウイルスを中国にもたらした神意

筆者は年初の記事に今年はさらに悪い年と書いたがすでにコロナウイルスの大惨事が起こっている。それに警告として「富士山の噴火」を預言しているが、今の所どのタイミングで起こるかは予測できない。しかし、日本の神々の怒りは頂点に達しているので最悪な結果にならないように祈りたい。中国国家主席の国賓接待が現実になったなら、オリンピックがまともにできるかどうかもわからない、そのようにかなりシビアな状況である。

多くの日本人は「神」に対して誤解をもっているように思う。

日本の神々は神社の御利益のために存在しているのではない。日本の神々は人格神であって高級霊である。しかも戦の神が多い。それに風神雷神のごとく自然の神々も存在する。日本の神々の力は自然をコントロールできるだけではなく、世界に対して大きな力をもった神でもある。それは、この地球だけではなく宇宙にも責任をもった偉大な神がその中心に座しているからなのだ。だから地球の地殻にも関わることができ、生き物たちや自然をも育んできている。

だから我々日本人は本来、優秀な人間であり神に選ばれた人たちでもある。その事に感謝し、もっと誇りをもつべきである。しかしながら、そのことを忘れた人たちが多いならば、警告を出さざるを得ない時もある

日本の神々は日本という国を創った時、当然「理念」があった。しかしながら、その理念から現在はズレているどころか、悪なる方向に日本政府が舵を切っているから、見守る段階を超えてしまい警告を出さざるを得ないところまで来たようである。だから筆者は預言者としてインスピレーションをもらって書いている。

本来、この世に生きている我々がこの悪なる現実に早く気がついて対処するべきではあるが、今回のコロナウイルスは生き物たちの協力をもらい、中国共産党独裁政権崩壊の引き金を引いたのが神意であるようだ。人間がいくら権力をもっていきがっていても目に見えないくらい小さいウイルスという生き物に負けてしまう。

人間として生かしていただいている感謝と信仰を失い、謙虚さが足りない時に大惨事は起きてくる。

中国国内でもこれを機に自由を求める人々によって香港民主化運動が飛び火してきているようだ。実際に引き金が連鎖反応を起こしているようで大きな革命が起こることを期待したい。

次に日本政府がこの神意に気がつかずにまだ、現中国国家主席の国賓接待や中国共産党政府に依存し続けるならば「富士山の噴火」は免れないだろう。

特に、今は「正義」という神の言葉に多くの人が目覚めて欲しい、間違っているものは間違っていると「正義」に対して声をあげて欲しい。

安倍政権に中国国家主席の国賓接待をやめるように説得する人が増えて欲しいと切実に願っている。

日本のシンボルでもある富士山が噴火してからでは遅い。そうなってから気がつくのではなく、今、声を上げるべきである。

PublicDomainPicturesによるPixabayからの画像

★メルマガ登録(無料)

メールマガジンやブログ更新情報をお届けします。

今のところ、毎月第二月曜日の朝7時に配信予定です。

・ニュースレターの配信

・特別なブログ記事を読むことができます。

・新刊電子書籍の無料キャンペーン(AmazonKindle)のお知らせ

・セッション・ワークショップのお知らせなど

メールアドレスのみでお気軽に登録してください。

スポンサーリンク