UFOや地球外生命体の存在は間違いなくある。それは地球外生命体と毎日のように戦い、格闘しているから自信をもって言える。ただ、今はそれを証明する場がないが、近い将来必ず証明することになろう。そのエイリアンの数は半端ではないことがわかるだろう。中でも悪質なエイリアンの数の方が圧倒的に多い。この悪質なエイリアンがなぜ、宇宙に数え切れない銀河の惑星があるのに、この地球に来なければならないか、それは「地球人類の無知」が原因なのだ。

翻って、「地球人類が無知」だからこそ悪質なエイリアンにはこの地球が今現在、居心地が良いのである。

おそらく人類のほとんどが、我々はエイリアンやUFOを確認できるところにいるはずだと言う思い込み、同じ次元に存在しているという、いわゆる無知が邪魔をしているのだろう。そのような考え方から脱却しなければ、地球には本当の意味で未来は開かれないと強く言える。

UFOがニュース特集になっていた

アメリカの国防総省がUFO映像を公開した。UFOが存在するかどうかではなく、UFOは存在することは完全に認めた。しかし、これが地球外生命体いわゆるエイリアンの所有物であるかどうかは分かっていない。これが地球内の敵国が開発した物体であれば、これが国の安全を脅かすことになるし、一方でエイリアンのUFOであれば人類の脅威なることに懸念をしているため、重大な事と捉え、ようやく国が動き出したようである。ということが昨日ニュース特集で報道された。

しかし、随分遅い話だけれどこの国防総省が発表しているニュースの内容は、このニュース自体が敵国をあざむくフェイクかもしれないとも感じる。

なぜなら、すでにアメリカ、ロシアや中国はUFOやエイリアンの研究は極秘でされているようだ。隠しているけれど、エイリアンの協力を得て未来科学技術の開発をしている国もあるとのことである。

ニュース特集での天文学者や宇宙科学者の話を聞いていても幼稚の域を超えていない。

それはもしかしたら、故意に事実を言わないようにしているのかどうか、わからないが、あまりにも唯物論的な発想しかもっていないからだ。

ただ、本当にこのような考えや発想を本心で言っていたとしたら、一部、極秘でエイリアンと結びついている人たち以外は、この地球人類は完全に「無知」であることになる。

エイリアンやUFOはいつもどこにいるのか

我々は五感で認識できるものを信じてしまいがちだ。特にエイリアンやUFOについては目視をすることによって存在を確認して信じるようになる。当たり前だが、その機会をたくさんもつほど、信じる力が強くなってくる。それはエイリアンやUFOだけではなく、幽霊や摩訶不思議なものも同じである。

だから、普段目に見えないし、証明できない何かでも、何度も出会う機会があればある程信じざるを得なくなる。

筆者は、その機会が昼夜問わず毎日、目に見えない存在と交流をしているとしたら、変わり者か統合失調症か何かと疑われると思う。しかし、30年以上に渡り、目に見えない存在(不成仏霊、悪霊、悪魔や天使、神)と交流しそして、昨年末から悪質なエイリアンと毎日バトルを繰り広げているとしたら、どう思うだろう。それについてすでに3冊の本と4冊の短めの本を書いた。

エイリアンやUFOはいつもどこにいるのか結論から言うと、悪質エイリアンは地獄霊の悪霊や悪魔と同じ地獄界のある目に見えない4次元世界に存在している。その悪質エイリアンの数は30億以上である。彼らは4次元地獄界でビークルに乗って移動したり、人間にウォークインとして取り憑き、悪さをしているのである。それは多くの人間が目に見えない世界を信じていない無知で、幼稚であるから都合がいいのである。

一方で、善良なエイリアンも来ている。彼らは4次元の天国と同じところ及び5次元以降の天国の世界にいる。だから、善良なエイリアンは次元間を認識の範囲までは自由に行き来できる。高次元世界に行ける者ほど、認識力に優れているのだ。これは霊的存在も同じことが言える。

しかしながら、悪質エイリアンは次元間を自由には行き来できない。それは4次元の地獄界にいるせいである。そこから出ることはできない、ただ人間の心に呼ばれればウォークインして憂さ晴らしができる。

悪質でも善良でもエイリアンがこんなにたくさん地球に来るはずがないと思うとしたら、それは唯物主義的思考から脱却していない。なぜなら、4次元以降の世界は時間も距離も関係ないからである。

もうすでにこの地球は悪質エイリアンに侵略されている

なぜ、30億以上の悪質エイリアンが現在地球にいるのか、それはそれだけの数が来ていればもうすでに侵略されているのと同じである。

しかし、この30億以上のエイリアンは積極的に地球を侵略しに来たのではない。

彼らは知らずにこの地球に来てしまったというのが本当のことだ。これは理論的に説明ができる。それは宇宙の法則である「波長同通の法則」によって宇宙の惑星外に漂っていた悪質エイリアンを地球の地獄界の負のエネルギーが呼び込んでしまったのだ。引きつけたのである。

これは昨年末までは、この地球に存在していた悪質エイリアンの数はこれより少なかった。数十万程度であった。しかし、この数少ない中で行われていたことは最悪なことだった。まさに地球を食い物にして侵略する者たちが計画通りに極秘に行っていたのである。これらの悪質なエイリアンは悪魔的存在でこの地球に狙いを絞って密かに侵略を企てていた者たちだ。

この者たちが、地球最大の悪魔たちと共に結託をしていたために、現在、地上の中国を筆頭とする闇の勢力の台頭が勢いを増していたのである。

しかしながら、この地球の悪魔たちを筆者が「ある重大な言葉」によって成仏したために、奇跡が起こり地獄界30億以上の地獄霊が我も我もと成仏をしていった。その期間は昨年のクリスマス時期から始まり今年の2月半ばまでかかった。

その地獄界が一時的に空っぽになったところに、宇宙の漂っていた悪質エイリアンを引き寄せてしまったのである。その引き寄せた原因は、地獄界にあった負のエネルギーであるが、これは現在の地上の人間の心から出ているエネルギーである。だから、地上の人間の負のエネルギー、ネガティブな心である。例えば、唯物論、無神論、不可知論や科学万能主義がもたらす人間の無知で、それが起こしている罪だ。

この罪は、ソクラテス、キリストや釈迦など哲学者や宗教者が言っている罪と何ら変わらない。

この罪を改めない限り、負のエネルギーは無くならないし、この負のエネルギーが今までは地獄界の地獄霊の悪霊や悪魔と繋がっていた。しかし、彼らがいなくなったおかげでこの負のエネルギーの居場所が無くなったのである。依存先が無くなったために、4次元世界では時空を超えて宇宙から地獄霊の悪霊や悪魔の代わりに「似ている波長」「同じような波動」の持ち主を呼んだのである。

この理論は、3次元世界の認識を超えていなければ理解し難いと思う。

しかし、これが現在、思わぬ重大なことになっている。それがいいことに、悪質エイリアンは地球人類を思うようにできると認識したからである。それはこれまで地上の人間の悪なる心や無知な心に取り憑いていた悪霊や悪魔がいなくなったために、今度は悪質エイリアンがその代わりとして取り憑いているのだ。

これらの事実は世界的に大変な問題であるので、霊的能力のあるものは気がつくべきである。

このような意味で地球人類はすでに侵略されているのである。積極的にこの地球に侵略目的をもった悪質及び悪魔的なエイリアン数十万人については昨年末から現在まで毎日バトルを繰り広げてこの地球から追放しているところである。

彼らの悪質さ、卑怯ひきょうさ、しつこさは天下一品だ。4次元世界地獄界では信じられないような強烈な戦いをしている。ここ一週間は明け方3時半から朝まで毎日攻撃し続けているのでもう少しで終わる。

しかし、残りの侵略目的で来ていない悪質エイリアン30億人以上が、彼らにとっては偶然に来てしまったのを良いことに、地球人類に取り憑いて悪さを開始しているのである。

地球人類は「無知」を改める時

我々が生きているのは3次元物質世界という。実は物理の世界でも言われているように目に見えない世界には次元構造がある。あなたのいるその空間に次元が重なって存在しているのであるが、普通は認識できない。特に目に見えない物を信じない現代人は、唯物的な考えをもっているためにそれが障壁となり認識ができないのである。

例えば、地上波のテレビはなぜチャンネルを変えれば、それぞれの映像や音声を楽しむことができるのか、それを説明できる人はいるだろうか。空中に周波数の違う電波が飛んでいるけれど、それは普通は目に見えない。しかし、目に見えないのにそれを疑うこともなくテレビに依存して楽しんでいるのはなぜなのか。

そのように考えたら不思議なことはいくらでもある。

それと同じで、同じ空間に違う次元が重なって存在しているのである。この次元は20次元以上の超高次元まで存在している。

これを信じるか信じないかで無知か、そうでないかに分かれていく。まずは信じることから始まるべきである。

その同じ空間に違う次元があるけれど、かの発明で有名なエジソンはそのことを信じていたために霊界交信機を発明しようとしていた。

また、テレビの受信機と同じで、目に見えない世界と交流できる能力をもっている人間もいる。それは人によって認識力の違いはあるが、目に見えない存在と交流をしているのは確かであるのだ。

昨日のニュースで国防総省のUFO映像を見て、赤外線カメラが捉えたUFOには窓もない熱もないし、風の抵抗もない。地球上の最も早い戦闘機の10倍の超音速で飛び、急な旋回もできると言っていた。

それは、この世の3次元的考え、いわゆる唯物的な考えでは絶対に答えが分からないと思う。

それは次元を超越しているからだ。特にその瞬時は反物質的な現れ方をしているために、4次元世界で飛んでいて3次元世界でも確認できるギリギリのところで姿を見せているからだ。

現在、宇宙の高次元世界からも地球人類の無知を教えるために、さまざまに協力するエイリアンとUFOはいるのである。これからもこのような機会は増えるのだ。

地球人類は、中国を中心とする闇の勢力の無神論や唯物論を捨てることができるかが、地球の未来を決めると言って良いのである。無神論や唯物論の上に未来は訪れない、それは他の惑星の科学技術を見れば地球人類がいかに無知であるかを知るべきである。

●ノンフィクション物語『地球人類未来の選択』の書籍を発刊!!!AmazonKindle 電子書籍 1250円

これは、2020年11月から半年以上に及ぶ、筆者が経験した地獄界解消や悪質系宇宙人との面会や戦いによる感動の実話である。

●『地球人類未来の選択』の書籍を発刊!!!AmazonKindle 電子書籍 1250円

「心」はなぜ重要か? 死とは何なのか? この大宇宙や地球を創造した神の考えは何なのか? 我々人間はどこに向かっているのか?
今世紀の地球人類の使命は何であるのか? この地球はどこに向かうべきなのか? この地球のリセットを回避できるのか?などの疑問が解決する。
 近未来に起こる「地球のリセット」は予言ではなく計画です。これから地球人類77億人が救えるか、その神の計画第二弾が始まったのである。

●『天国の扉』はスピリチュアル人生哲学の基本書になります。霊的真理を学びたいならこの本がオススメ!

天国への登竜門がこの本である。

この世で幸せな人生を送りたいあなたへ!

人間とは何か?人生とは何か?何のために生きているのか?人はなぜ、悩み、苦しむのか。自殺をするとどうなるのか?死後の世界はどうなっているのか?
あなたの疑問が解決し、心の悩みがスッキリし、あなたの人生が明るくなる魔法の書。
これまでに知らなかった真実を知ることでポジティブな人生に変えることができ、そして死後にも『天国の扉』を開くことができるでしょう。

 

 

 

 

このブログのイメージ画像はenriquelopezgarreによるPixabayからの画像