人生には苦しい時や悲しい時がたくさんあります。

その苦しみや悲しみをひとりで抱え込んでしまう時に

自分を追い込んでしまい、「自殺」を考えてしまう

ことがあるかもしれません。

 

しかし、死ねば何もかも無くなって楽になると

思っているとしたら、それは大きな間違いです。

 

死ねば何もかも無くなるという事は絶対にありません。

本当は「死後の世界」があるのです。

 

自分自身の命を絶った責任は、自分で刈り取るべき法則があります。

「因果応報」という法則からは、誰しも逃れることはできません。

 

もし、自殺をするならば、さらに苦しみの世界が待ち受けています。

その苦しみの境涯からは、簡単には抜け出すことができません。

地獄に行くのではなく、本当は自殺者の霊が自身で地獄を創っているのです。

 

しかし、「救い」があります。

この記事を読んでいただければ、これまでの常識が変わるでしょう。

スポンサーリンク

現代の常識が間違っている

死ねば、すべては無くなってしまうという現代の思想は

トンでもない間違いを犯しています。

この思想の元は唯物論といって

精神や心などの根底には物質があり、物質を重要視する考え方です。

 

そのせいで、脳科学では脳に「心」があるようにいっています。

だから、人間が死んだ場合は、脳も肉体も灰になり

何も残らないという考えなので

人間は永遠の命をもっている存在を否定しているのです。

 

教育や科学も間違った常識を信奉している

現代日本の教育は、戦後GHQによる日本解体と公職追放令のおかげで

日本精神が影を潜め、唯物論教育が中心になっています。

 

宗教をあまりよく思わずに、見えない世界を信じることを軽視して

証明主義の中で教育に都合のいい方向につくり上げてきています。

 

そのせいで「そもそも人間とは何か」という問いにも

現代の教育では本当の意味で答えることができていません。

 

ましてや、「あの世」は、古い昔に言い伝えられた躾け(しつけ)

のための教育ぐらいにしか、捉えていないように思います

 

間違った風潮が自殺者を助長している

最近では、イジメによって苦しんでいる若者が

自殺をする問題も多くなっています。

 

自殺に踏み切ってしまう原因は、自殺をした死後のことが

「死んだら何もかも無くなってしまう」のだから、

その苦しみから解放されて楽になるというように思って

しまうからです。

 

だから、間違った風潮が自殺者を助長しているのです。

その風潮こそ唯物論や無神論それに「心」は脳にあるという

脳科学にも大きな責任があるのです。

 

緊急!!2017年10月31日朝のニュースを観た。

自殺サイトから自殺願望の人を呼び、他殺するとは信じられません。

人間のやることではありません。

このように、狂った人間やこの種の犯罪はますます増えるでしょう。

なぜなら、人の生命の尊厳を脅かす唯物主義が常識化しているからです。

人は死んだら終わりではありません。

人は単なる物質の固まりではありません。

このような犯罪を助長している唯物主義の思想や脳科学者にも

大きな責任があります。マスメディアは、この種の事件で視聴率を稼ぐことを

考えるのではなくて、人の尊厳の重要性をもっというべきではないのかと思います。

人は尊い生命を与えられていて

魂(心)として成長をめざして

永遠に生き続けている存在が真実なのだと言うことをです。

 

死後に自殺者はどうなっているのか

自殺は一瞬だとおもいますが、

死後はカラダ(肉体)から魂が

抜けた状態で「霊」としてこの地上に残っています。

霊としてのカラダがあるので

まだ、生きていると錯覚してしまうのです。

(筆者は、幽体離脱で経験しましたが

手も足もあり、生きている状態と変わらないです

 

そして、自分自身は死んだはずなのに

死んでいない自分に矛盾が生じて

生きていた時以上の苦しみに見舞われます。

 

結局、「心」に苦しみがあるので

苦しみは、無くならないのです。

この苦しみは、「この世」での苦しみの比ではなく

半端ではありません。

 

その苦しみから逃れたい、解放されたいので

何度も何度も同じ自殺をくりかえしてしまうのです。

何度やっても、魂(心)は、死ぬことはありません。

無くならないのです。

 

 

カラダ(肉体や脳)は死んでも、魂(心)は

霊としてのカラダをもって生きているからです。

 

自殺を繰り返している光景をみることができれば、

恐ろしいことをしているように観えるでしょう。

 

地獄は自分自身で創ってしまう

10数年前に焼身自殺をした人(霊)は、

その間ずっと、火に焼かれたままで過ごしていました。

救いを求めて身内や知人に取り憑いていたのです。

 

たまたま、話す機会があって、自殺者(霊)に

あの世があることを教えることができたので

その苦しみを救ってあげることができたのですが

何らかのキッカケがなければ、それからさらに何十年何百年も

その苦しみからは解放できないでしょう。

まさに、それを地獄というのです。

 

その自殺者の居るところの情景は

真っ暗で寂しいところで、生きている時の苦しみのまま

カラダが炎に包まれて、焼かれて熱い、痛いと

苦しんで「助けて!」と叫んでいたのです。

 

これは、焼身自殺をした人の場合です。

カラダが炎に焼かれて熱い、痛いというのは

焼身自殺をしたからそのままの報いを受けているのです。

しかし、「心」の苦しみは無くなりません。

「心の苦しみ」と火に焼かれている苦しみの

2重の苦しみを受けていることになります。

 

飛び降り自殺をすれば、何度も飛び降り自殺をくりかえします。

「心」の苦しみから逃れたくて、また繰り返します。しかし、死ねないのです。

この世の肉体は、無惨な姿になっていますが、

霊としてのカラダがあるので、死んでないのです。

 

地獄へ行くというのは違う

自殺したから地獄に行くということではなく

自殺をした人(霊)が自分自身で地獄を創っているのです。

自殺をした霊(心)が苦しんでいるために、その場が

地獄になっているのです。

 

そして同じような苦しみで自殺をした人達が

波長同通の法則によって、似た様な境遇の人(霊)たちと

同じ次元に地獄の世界を展開していくのです。

 

因果応報という法則がある

この世もあの世も含めた世界には

因果応報の法則があります。

 

それは、良い種を植えれば良い花や実がなりますが

悪い種を植えれば、悪い花や実がなるということです。

 

良いことをすれば、良い結果として

帰ってきますが、悪いことをすればそれ相応の責任を

取らなくてはなりません。

 

この世で悪い事をした人は、この世では法律で裁かれなかったとしても

因果応報からは、絶対逃れることはできない為に

あの世で、地獄を味わい反省をさせられるようになっています。

閻魔様が裁くのではなくて、自分の「良心」が自分自身が

悪い事をしたことを悟らせるために、地獄の境涯へ

もっていくのです。

 

だから、悪いことをしたというのを反省できなければ

いつまでも地獄から解放されないのです。

 

もし、他人によって「心」が傷つけられて、心が苦しくて

自殺して後悔させてやる!と思っているとしたら

それは、意味のないことになります。

自殺をした人も、他人の「心」を傷つけた人のどちらも

因果応報の報いを受けるからです。大きな穴は2つあります。

それを裁くのは「良心」だからです。

自殺を選ばなければ、傷つけた他人がいずれは報いを受けることになる

のです。

 

地獄の境涯から目覚めることはできる

そして、霊(人)によっては真実に目覚めて反省し、地獄の境涯から

天国へ帰ることになります。

 

地獄にいる霊(人)の目覚めのきっかけは、

この世に生きている家族の心掛け次第というのもあり、

供養をする家族が正しい生活、人生を送っていれば、

地獄にいる霊が、悪いことをしたと自覚して

反省が進むこともあるようです。

 

そして、反省が進み「心」の苦しみが少しずつ軽くなった頃に

お迎えがくるでしょう。

 

いずれにしても、何十年何百年後かわかりませんが

自殺する動機やその心境になるまでの心のあり方を

隅々まで反省できれば、必ず目覚める時がくるようです。

 

(ただし、死後に、自殺をする前までの事を思い出して反省するのは至難の

業です。

なぜなら、肉体がない状態で「心」が丸裸になっているので苦しみの状態が

半端ではないからです。この世のように他の誰かが廻りにいれば、苦しみから

逃れられるチャンスもありますが、たった一人で苦しみの最中にいては

自分自身を客観的に観ることができないのです。

だから、苦しみの心境から逃れるのに相当な時間を要することになるのです。

 

たとえ、同じ状況で自殺した苦しんでいる他人(霊)が廻りにいたとしても

助けてくれるはずはありません。

助けてくれる霊なら、とっくに地獄にいるはずはないからです。

自殺するより生きている方が圧倒的に救いがあることを後悔するでしょう

 

人間は永遠の命をもって成長を続けている存在

人間とは、永遠の命をもった存在が真実なのです。

人間は何度も生まれ変わりを経験しています。

それは時代、国、場所、肌の色、仕事、環境、人間関係などの様々な違いを

経験して知識をつけて智慧を蓄えて成長していく存在なのです。

 

生まれ変わってまた、同じ苦しみを経験する試しがある

もしも地獄から目覚めて天国に帰ることができたら、一旦天国で過ごして

また、この世に生まれ変わります。そのときに

前世で自殺をする前に苦しんだことと同じような境遇に合うようになります。

 

試しが行われるのです。

今度は同じ苦しみや悲しみから立ち直れるかどうかが試されるのです。

クリアできればその「魂」は成長したことになります。

これを別の言い方をすれば、業(カルマ)を刈り取ったという意味です。

 

カルマとは心の傾向性のことで、マイナス部分の傾向性を悟って乗り越える

ことで成長していきます。

同じ課題(傾向性)をクリアできなければ、何度も生まれ変わりの中でクリ

アができるまで試しがあるのです。

 

魂の本質が永遠に成長をする存在であるので、地獄に何百年もいたら、その

分だけ魂の成長に遅れをとることにもなってしまいます。

 

人間は永遠の命をもった存在であることを信じることが大事

人間は何度も生まれ変わりを経験して成長する存在において

あなたが今世、この日本や他の国に生まれたのは偶然ではなくて

大きな意味があるのです。

この千載一遇ともいえるチャンスを自殺することで無駄にすることなく

生きていくことが素晴しいのです。

 

「与えられた命を大事にするべき」というのは、

親からもらったカラダ(肉体)を祖末にするなという意味もまさにその通り

ですが、本当はそれ以上に別の大きい意味があるのです。

 

人間は永遠の生命を与えられていることに感謝をして、幸せをつかむ義務が

あるのです。

生きている時に何度か苦しみを感じることがありますが、

それは、あなたに乗り越えられない苦しみは存在しないということです。

あなたなら、必ず乗り越えられます。乗り越えた時の喜びを経験してくださ

い。

大事なのは、それを信じることです。

 

ひとつ、苦しみを乗り越え方のヒントを言います。

イヤな時や苦しい時は、早く過ぎていき、

いつまでも続かないと信じることです。そして

その後の楽しさを夢観るようにするといいですよ。

たとえば、何か自分にとって楽しいイベントなどがあれば、

イヤなことよりも、楽しいことを考えるようにするのです。

 

「心」は、物事を同時に一つしか考えられない

という性質を利用するのです。

悪いことを考えるのではなく、希望のある良いことを

考えるようにしよう

 

これは、筆者も実践して楽になっています。

あなたの「心」は、他人やイヤなことに縛られる

必要はなく、「心」はもっと自由なのですから。

 

まとめ

「人は死んだら無になる」という無責任な世間の常識や

唯物論を信じないでください。

宇宙、地球、自然や生き物、人間やすべてのものは

因果応報の法則からは逃れることはできません。

 

人間は永遠の命が与えられており、生まれ変わりの中で

切磋琢磨して魂の成長をしていく存在なのです。

 

自殺の苦しみからは、反省なくして絶対に解放されることはなく、

さらに苦しい地獄の境涯に身を置くことになってしまいます。

それにまた、生まれ変わった時にもこの世での苦しみと

同じ境遇が、くりかえし試されることになります。

だから、いずれもその苦しみを乗り越えることができなければ

永遠に続くということになるのです。

 

しかし、その苦しみは乗り越えられない苦しみではないし、

乗り越えられる苦しみだからこそ、あなたにその境遇が

与えられているのです。

 

本当は、あなたは幸せになるべき存在なのです。

幸せになる義務があります。

そのために神様は、人間に永遠の生命を与えているのですから。

→  →  →人生の意義「生きがい」がないと悩む人への福音

     →       →         →          生きる意味がわからない人への究極の哲学

追記

受験、健康、経済的、恋愛、人間関係、仕事などの失敗や挫折があって

それを思い詰めて生きていることから逃げたいくらい「心」が苦しい

時に自殺を考えてしまうこともあるでしょう。

 

実は筆者は、上記のほとんどの失敗や挫折を経験していて

「心」の苦しみは、何度も究極のどん底まで味わっています。

<交通事故に合う、落下事故、大学受験4浪失敗、お店廃業、難病(ベーチェット氏病)

、脳梗塞による半身不随、会社倒産やその借金、家族問題、選挙落選などなど>

 

実は、子供の時に落下事故で一度死んでいたらしいのです。

しかし不思議なことに、見えない世界にその場で命を助けられた

のです。

それは、33歳の霊的覚醒時に守護霊に教えてもらいました。

確かに、その当時の記憶が前後あいまいで夢を見ているような感じがしています。

このように死の体験をもっている人もいるかもしれません。

子供の頃であまり記憶にないこともあるのです。

 

守護霊という存在が、いつもあなた方を見守ってくれていることを

忘れないでください。

自分では気がついていないこと、様々なことでいつのまにか助けら

れている事はたくさんありますよ。

心を清く正しくすることを心がけてネガティブな心を打ち消して、

ポジティブな心をコントロールできるようになれば守護霊と交流

ができるようになるのです。

あなたをいつも愛してくれていることが、わかるでしょう。

 

筆者の場合は、

霊的覚醒後の26年間は、もちろん良い事もありましたが、

大変な人生で、どん底まで味わいましたしまだ継続中です。

もう怖いものはありません。

 

霊的真理知識や守護霊の存在が自分自身を勇気づけてくれている

おかげで、すべて乗り越えることができています。

それには、心はいつでもポジティブにコントロールできるように

なることが欠かせないのです。

 

このような経験から今度は「心」の苦しみをもった人達に

少しでもお役に立てるように、お返しする人生を歩んでいるところです。

 

 

この記事をもっと詳細にした電子書籍(死後シリーズ)

をアマゾンより出版しました。

「自殺者の死後、、、」においては、イジメ問題をとりあげて、

イジメをした側, 自殺に追い込んだ側や教育者側の責任について霊的な側面から

書いています。

スポンサーリンク

感想・質問フォーム

今回の記事は、いかがでしたか?  あなたのお役に立てましたでしょうか?

記事を読んでの感想やもう少し知りたいこと、質問などございましたら
スピリチュアルや心の問題など、どんな事でも構いませんので、
下記フォームにお書きいただき送信してください。

すべて、Toshitaka本人が回答し、頂いたメールアドレスに返信いたします。
気がつき次第、できるだけ急ぎの回答はいたしますが、
こちらからのメールが、ご相談者様の「迷惑メールBOX」に届くケースが
多いようなので、そちらのご確認をお願いします。